キャッシングとカードローンてどこが違うのか?

キャッシングとカードローンの違いですが、よくわかっていない人も多いと思います。特色の違いが分かれば、自分のニーズに適したものを選ぶことが可能になります。
まずキャッシングとは、クレジットやキャッシングカードを利用して、ATM等からお金を引き出す感覚で借り入れが出来るサービスのことです。これは、一般的に翌月一括返済がメイン
比較的計画を立てやすいので、金利負担は大きくなりにくいのが特徴と言えます。
そしてカードローンとは、クレジットカードやキャッシングカード、またはローンカードを利用して、ATMなどからお金を引き出す感覚で借り入れが出来るサービスのことをいいます。契約した限度額内なら自由にお金を何度でも引き出すことができるます。しかし、返済も数ヶ月と長期にわたって行うため、計画的な利用をしないと金利負担が大きくなりがちなのが特徴です。
次に、キャッシング・カードローン業者の種類について見てみます。大きく消費者金融系、銀行系、信販系の3つに分けられます。アコムやアイフルといった消費者金融系は、融資までのスピードが早いが金利が高いです。みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行系は、金利は安いが融資までのスピードは遅いです。クレジットカード会社などの信販系は、クレジットカードにキャッシング枠があればすぐに借りられます。また金利が高いのが特徴です。
このように自分のニーズに合わせてキャッシングとカードローン、適した会社を選ぶことが借り入れのコツということができます。

関連記事はこちら: