カードローンサービスで必要な書類

カードローンサービスをご利用になるためには、何が必要なのでしょうか。必要なスキルは特にありませんが、契約の際は所定の書類が必要になります。必要な書類は主に、身分証明書類と収入証明書類です。身分証明書類に該当するものとして、運転免許証が典型的です。またパスポートや健康保険証によっても証明が可能です。身分証明書類の提出は、身元確認のために必要なものです。しかしそこで確認されるのは、書面上の情報だけではありません。身分証明書類により確認できた生年月日とご住所により、ある機関に問い合わせを行います。この機関は情報機関と呼ばれ、様々な人の信用情報が集まります。そこで参照できる内容は、過去の借り入れ履歴や返済実績、また借り入れサービスへのお申し込み件数などです。これらの情報が、身分証明書類の提出により判明してしまうのです。過去の借り入れで返済事故を起こしている場合にも、もちろん相手にその内容が伝わります。その様なケースでは、審査の結果を待たれる必要はないかもしれません。一方収入証明書類の提出は、全ての人に当てはまるのではありません。お申し込み時に希望された金額が、高額である場合に必要となります。よってカードローンの契約手続き時は身分証明書類を必ず携帯され、必要なケースによっては収入証明書類もご一緒に持参してください。

関連記事はこちら: